2019.02.12

高所作業車の整備拠点、関西テクノパークの技術力 アクティオの高所作業車の整備拠点として高い技術を有する、関西テクノパーク統括工場。安全をすべてに優先する整備技術の一端をご紹介しよう。

高所作業車の整備拠点、関西テクノパークの技術力

STOP!転倒事故


広大な工場内はグリーンの床で統一されている。その一部に、イエローに塗られた一角が......。近づいてみると、分厚い傾斜板が設置されており、傾斜2°、勾配3°と書かれている。なるほど。ここを垂直昇降型の高所作業車で走行して、上昇規制機能が働いているか、また上昇時に走行しないか確認・点検するわけだ。万が一、上昇したまま走行できてしまうと段差などで転倒のリスクが高まり、大きな事故につながりかねない。この他、スムーズに登れ、しっかりと停止できるかも重要な点検項目である。

STOP!転倒事故

このようにアクティオのテクノパークは、通常整備だけを行う施設ではない。今回取り上げた垂直昇降型の高所作業車で言えば、傾斜板検査に加え、積載荷重で性能が発揮できるか、また過荷重で上昇しないかを点検するウエイト検査。規定速度で機械が動いているか点検する直進・上昇速度検査などを行っている。
すべては安全性を確保し、本来の性能を発揮させるために。

アクティオのテクノパークは、通常整備だけを行う施設ではない

タグ

アーカイブ

ページトップ