2020.12.07

佐野テクノパーク統括工場紹介【前編】整備だけではなく、開発、教育の場としても重要な拠点 建設機械レンタル事業の価値を高め、広く社会に貢献することを目指し、アクティオのこれからの50年を創出する拠点となるのが、全国5カ所で展開しているテクノパークだ。その中核的存在として、整備業務はもとより、開発や教育の場としても重要な役割を担っているのが、「佐野テクノパーク統括工場」である。

佐野テクノパーク統括工場紹介【前編】整備だけではなく、開発、教育の場としても重要な拠点

2000年から運用開始

東北自動車道・佐野藤岡ICからクルマで5分。東京から70km圏内とアクセスが良く、さらに少し北に走れば、北関東の東西を結ぶ北関東自動車道と北日本を縦断する東北自動車道が交差しているため、物流の拠点として申し分ない。そんな交通至便な地に佐野テクノパーク統括工場はある。


総敷地面積は61,825㎡で、東京ドームに換算すると約1.5個分。このアクティオ最大級の整備工場は、徐々に拡張され、現在の形態となった。最初に運用を開始したのが「エンジニアリング事業部第1工場」(2000年12月)。次いで「水中ポンプ広域センター」(2002年1月)、「エンジニアリング事業部第2工場」(2006年3月)、「北関東テクノパーク工場」(2006年3月)、「総合管理棟」(2006年4月)、「エンジニアリング事業部第3工場」(2016年4月)という具合にパワーアップを遂げたのだ。


アクティオの源流となる水中ポンプを取り扱う水中ポンプ広域センター、レンサルティングを具現化するために必須のエンジニアリング事業部の機械を整備・管理しているEG佐野テクノパーク工場、主に北関東支店(群馬県・栃木県)保有の機械を整備する北関東テクノパーク工場。この3部門が集約され、アクティオにとって重要な拠点となっている。




開発、教育の場でもある

佐野テクノパーク統括工場が整備拠点として重要なのは当然として、開発、そして教育の場としても大きな役割を担っている。ゼネコンをはじめとする数々のお客様と連携しながら、各種工事に必要な専用機械の開発、テスト等を行っているのだ。広大なヤードと設備に加え、開発や製造を行えるスタッフがそろっているからこそ、なせる技と言ってよい。


教育の場としては、2つの顔を持つ。まず、お客様を対象として、最新機器や工法の訓練、講習などを行っている。(一社)全国土木施工管理技士会連合会(JCM)の継続学習制度「CPDS認定学習プログラム」や、コンピューター技術や通信技術を高度に取り入れた各種「ICT施工」、VR(バーチャル・リアリティ)技術を使った不安全行動の疑似体験「Safety Training System VR of AKTIO」システムによる講習がそれに当たる。


もう1つが自社の新入社員教育、各種機器を使った訓練などだ。この他、統括工場近隣の小学生を対象にした社会科見学や、中学生向けに職業体験なども実施するといった、地域社会への貢献も実績を積んでいる。


左:各種資格を取得するための施設を完備。右:敷地内には数十名を収容可能な宿舎も併設している左:各種資格を取得するための施設を完備。大きな教室や機器が目の前にあることでお客様も新入社員研修の場として活用している。右:敷地内には数十名を収容可能な宿舎も併設している




テクノパークで唯一、ISO14001を取得

佐野テクノパーク統括工場ならではの取り組みとして挙げられるのが、2002年に取得したISO14001運用によるPDCAサイクルの実践と法規制の遵守である。当初は紙・ゴミ・電気を減らす取り組みが中心だったが、いまでは環境委員会、安全衛生委員会、ヤード委員会といった現場の声をスムーズに拾い上げる委員会活動(ボトムアップ)と、上層部から適宜出される指示(トップダウン)が見事に融合し、1台当たりの整備原価の低減、ひいては環境エネルギーの低減に直結。大いに生産効率を高める結果となった。また、騒音、振動、臭気、排水といったコンプライアンスの遵守にも、当然ながら貢献している。


工場の屋上に太陽光パネルを設置し、175kWを売電、10.2kWを工場内で使用。この他、雨水の再利用(洗浄水)や廃油ピットを経由した廃油の一括管理など、環境面にも配慮。大手総合建設機械レンタル業界で初となる環境マネジメントシステム「ISO14001」を取得している工場の屋上に太陽光パネルを設置し、175kWを売電、10.2kWを工場内で使用。この他、雨水の再利用(洗浄水)や廃油ピットを経由した廃油の一括管理など、環境面にも配慮。大手総合建設機械レンタル業界で初となる環境マネジメントシステム「ISO14001」を取得している




大所帯だからこそ重要なコミュニケーション

このような佐野テクノパーク統括工場をけん引しているのが、林豊統括工場長である。林統括工場長は、社名が株式会社アクティオになってからの1期生である。学生時代に電気やプログラム関連を学び、新卒採用でアクティオに入社。エンジニアリング事業部に配属され、主に制御関係の仕事をしてきた。約3年前に統括工場長となり、現在に至る。


佐野テクノパーク統括工場で業務に従事する社員は約60人、協力企業のスタッフも含めると160人にもなる大所帯だ。だからこそ林統括工場長は、テクノパークで働く皆とのコミュニケーションを大切にしている。「(横組織の)委員会活動を通じて様々な意見を汲み上げ、各種数字も見ながら、目標に対しての現状把握、問題点の洗い出し、解決策を立案しています」(林統括工場長)。


林豊統括工場長。エンジニアリング事業部出身で、主に機器の制御関係の業務を行ってきた林豊統括工場長。エンジニアリング事業部出身で、主に機器の制御関係の業務を行ってきた




レンサルティングを具現化するエンジニアリング事業部

アクティオはコンサルティング型のレンタルビジネス「レンサルティング」を標榜しており、それを推進する中核部門となるのがエンジニアリング事業部だ。同事業部では工法プランニングに始まり、安全性と省エネを配慮した最適なレンタル機種選定、自社設計やメーカー共同設計によるオリジナル新商品を開発・推進している。


エンジニアリング事業部のオフィスは東京DLセンター(東京都江東区)がメインで、工場は佐野、三重いなべ、関西のテクノパーク統括工場内の3カ所と仙台の計4カ所。佐野テクノパーク統括工場内には、負圧室を完備し、環境対応集塵機等の整備を行う第1工場、トンネルのシールド工事に必要な各種機器の製造や整備を行う第2工場、建設用足場の自動高圧洗浄ロボットや自動把持ロボットが備わる第3工場、仮設工業会指定工場の4セクションが集結している。


エンジニアリング事業部第1工場。アスベスト・ダイオキシン機器、橋梁塗膜除去工事、新型コロナウイルス対策商品として開発した「仮設陰圧ハウス」にも使用している集塵機、エアシャワー、掃除機等の安全な整備を行うため、負圧室を完備。作業員たちは防護服を着て集塵機の清掃にあたっている左:エンジニアリング事業部第1工場。アスベスト・ダイオキシン機器、橋梁塗膜除去工事、新型コロナウイルス対策商品として開発した「仮設陰圧ハウス」にも使用している集塵機、エアシャワー、掃除機等の安全な整備を行うため、負圧室を完備。右:作業員たちは防護服を着て集塵機の清掃にあたっている


環境メンテナンス課で作業管理や作業員の指導を担当している神尾拓磨主事(環境担当)。集塵機等の整備は、佐野と青梅(東京)の2カ所で全国をカバー。「それだけに責任とやりがいを感じています」(神尾主事)環境メンテナンス課で作業管理や作業員の指導を担当している神尾拓磨主事(環境担当)。環境対応集塵機等の整備は、佐野と青梅(東京)の2カ所で全国をカバーしている。「それだけに責任とやりがいを感じています」(神尾主事)


エンジニアリング事業部第1工場と第2工場の間にあるヤードに鎮座する水処理器。写真は120トン/hの濁水を処理可能。さらに大型の2段積みタイプだと200トン/hも処理可能だエンジニアリング事業部第1工場と第2工場の間にあるヤードに鎮座する水処理機械。写真は120トン/hの濁水を処理できる機械。さらに大型の2段積みタイプだと200トン/hもの処理が可能だ


環境メンテナンス課の岩出弘行主査(水処理担当)。工事現場で穴を掘ると水が出るが、「たとえ自然界から湧き出た水でも濁ったままでは排水できないため、水処理が必要となる。またトンネルのシールド工事の現場で湧く水はセメントの成分が溶けてアルカリ性に、工場の跡地のような現場では酸性に寄る」(岩出主査)。いずれの場合も水処理器を通して中性に近づけ、さらに濁りを取ってから排水する。環境に配慮した仕事だけに、「水がきれいになった時は、いまでもホッとする」そうだ環境メンテナンス課の岩出弘行主査(水処理担当)。工事現場で穴を掘ると水が出るが、「たとえ自然界から湧き出た水でも濁ったままでは排水できないため、水処理が必要となる。またトンネルのシールド工事の現場で湧く水はセメントの成分が溶けてアルカリ性に、工場の跡地のような現場では酸性に寄る」(岩出主査)。いずれの場合も水処理器を通して中性に近づけ、さらに濁りを取ってから排水する。環境に配慮した仕事だけに、「水がきれいになった時は、いまでもホッとする」そうだ


佐野テクノパーク統括工場内にあるEG佐野テクノパーク工場の施設は広大で、西側に第1工場、東側に第2工場、第3工場、仮設工業会指定工場を配置している。各工場の間には機器の試運転や仮り組みを行うエリア、門型クレーン6基を設置したクレーンヤードも有している。これだけ広大だと施設間の移動にも時間がかかるため、セグウェイが導入されているほどだ(使用は社内資格を持った社員に限定)。


エンジニアリング事業部第2工場。主にシールド工法工事に必要な機器の整備、お客様のニーズに対応した機械の開発・実験・生産などを行っているエンジニアリング事業部第2工場の外観(左写真)と工場の内側(右写真)。主にシールド工法工事に必要な機器の整備、お客様のニーズに対応した機械の開発・実験・生産などを行っている


エアーメンテナンス課の永井信任主査。山岳トンネルに設置される換気機器の整備・現場施工・お客様への技術提案等の打ち合わせなどを担当。「佐野テクノパーク統括工場で業務にあたるのは年の3分の1程度で、ほとんどを全国の現場で過ごします」(永井主査)。取材日の午後には、三重いなべテクノパーク統括工場に出張と多忙を極めていた。「若手の育成が課題」と語ったエアーメンテナンス課の永井信任主査。山岳トンネルに設置される換気機器の整備・現場施工・お客様への技術提案等の打ち合わせなどを担当。「佐野テクノパーク統括工場で業務にあたるのは年の3分の1程度で、それ以外はほとんどを全国の現場で過ごします」(永井主査)。取材日の午後には、三重いなべテクノパーク統括工場に出張と多忙を極めていた。「目下の課題は若手の育成です」と語った


左:エンジニアリング事業部の仮設工業会指定工場。建設現場で使う仮設足場は安全に直結する機器のため、仮設工業会の認定を受け、年2回の講習を受けた上で運用している 右:仮設足場を自動で洗浄するロボット2台を導入。180MPaの超高圧水で汚れを落とす最新機器で、手洗い洗浄の約2倍のスピードで処理可能だ左:エンジニアリング事業部の仮設工業会指定工場。建設現場で使う仮設足場は安全に直結する機器のため、仮設工業会の認定を受け、工業会の安全基準や審査を受け運用している 右:仮設足場を自動で洗浄するロボット2台を導入。180MPaの超高圧水で汚れを落とす最新機器で、手洗い洗浄の約10倍のスピードで処理可能だ


日々の生産性を如何にして向上させるかが課題と語る、建材メンテナンス課の熊宗一郎主査。「自動洗浄ロボットの超高圧水を噴射するノズルの角度や、洗浄物に当てる距離を変えるなどして、極力後工程を容易にする工夫を凝らしています」(熊主査)日々の生産性をいかにして向上させるかが課題と語る、建材メンテナンス課の熊宗一郎主査。「自動洗浄ロボットの超高圧水を噴射するノズルの角度や、洗浄物に当てる距離を変えるなどして、極力後工程を容易にする工夫を凝らしています」(熊主査)


エンジニアリング事業部では機械の組み立てや整備を担当する社員に加えて、設計を行う技術者も工場内に常駐している。こうすることで両者の意思疎通が容易になり、作業がスムーズに進むのだ。


左:トンネルのシールド工事に必要なアクティオローリングブレーカー(ARB)。掘削した際に出た岩が大きいままだと、水と混ぜて地上に圧送する配管に通らないため、ARBの超高合金の回転歯で小さく砕いてから圧送する。右:圧送する配管の径や長さは現場によって異なるため、仕様に合わせたワンオフ(専用品)が基本だ左:トンネルのシールド工事に必要なアクティオローリングブレーカー(ARB)。掘削した際に出た岩が大きいままだと、水と混ぜて地上に圧送する配管やポンプのインペラに通らないため、ARBの超高合金の回転歯で小さく砕いてから輸送する。右:配管の径や長さは現場によって異なるため、仕様に合わせたワンオフ(専用品)が基本だ


シールドメンテナンス課の渡邉雄介さんは、シールド工事のシールドマシンから後方の機械の設計、その製作進行管理を担当。シールド工法の径は現場によって異なるため、アクティオが担当する機械がきちんと収まるよう、ポンプや配管の径、配置などを3DCADで設計・検証。その上で2次元の図面に落とし込んでいく。基本はデスクワークだが、図面だけでは伝わりにくいニュアンスは、工場内の製造現場で作業員に指示、確認しながら進めていくシールドメンテナンス課の渡邉雄介さんは、シールド工事のシールドマシンから後方の機械の設計、その製作管理を担当。シールド工法の径は現場によって異なるため、アクティオが担当する機械がきちんと収まるよう、ポンプや配管の径、配置などを3DCADで設計・検証。その上で2次元の図面に落とし込んでいく。基本はデスクワークだが、図面だけでは伝わりにくいニュアンスは、工場内の製造現場で作業員に指示、確認しながら進めていく


上司に指示を仰ぎながら作業を進めているシールドメンテナンス課の大川紗由利さんは、元服飾デザイナーという異色の経歴の持ち主。3DCADも洋服も3次元なので、違和感がないのだろうか!? 業務内容は同課の渡邉さんと同様だが、大川さんは加えて佐野テクノパーク統括工場内の委員会活動や、工場見学などに訪れたお客様のアテンド業務も行っている上司に指示を仰ぎながら作業を進めているシールドメンテナンス課の大川紗由利さんは、元服飾デザイナーという異色の経歴の持ち主。3DCADも洋服も3次元なので、違和感がないのだろうか!? 業務内容は同課の渡邉さんと同様だが、大川さんは加えて佐野テクノパーク統括工場内の委員会活動や、工場見学などに訪れたお客様のアテンド業務も行っている


事務を担当している日向野愛加さん。作業書の入力や請求書の処理、破損した機械の修理見積書の作成など、日々こなさなければならない業務は多い。不明な点は、各担当者に直接聞いて、作業のスピードアップを図っている事務を担当している日向野愛加さん。作業書の入力や請求書の処理、破損した機械の修理見積書作成など、日々こなさなければならない業務は多い。不明な点は、各担当者に直接聞いて、作業のスピードアップを図っている。また、工業運用の指標データ作成等、レンタル会社工場独自の数字集計に貢献している


【前編】では佐野テクノパーク統括工場の概要、エンジニアリング事業部の業務内容をお伝えしたが、【後編】では水中ポンプ広域センターと北関東テクノパーク工場にスポットを当て、その全貌に迫りたい。



【後編】に続く

タグ

アーカイブ

ページトップ