2022.07.05

華やかなイベントを舞台裏で支えるレンタル機材。おすすめの製品をご紹介 地域のお祭り、音楽フェスティバル、スポーツイベント、展示会など、場を盛り上げる華やかなイベントには、さまざまな機材が必要となる。アクティオは建設用機械だけでなく、実はイベント用にも多くの製品をレンタルしている。今回は多様なイベント用品の中から、おすすめのアイテムをピックアップしてご紹介しよう。

華やかなイベントを舞台裏で支えるレンタル機材。おすすめの製品をご紹介

野外イベントを快適に過ごすためのアイテム

さまざまなイベントの中でも、アクティオが特に得意とするのは野外イベントだ。アクティオは、スポーツ大会や野外フェスティバル、野外での展示会などで活用できる野外イベント向け機材を豊富に保有している。野外イベントを快適に過ごすためには、暑さや寒さ対策、来場者への情報提供といった環境づくりが欠かせない。



■ワンタッチ式テント

ワンタッチ式テント


ワンタッチ式テントの「フリーライズテント」は、組み立てが簡単な開閉式で、ワンプッシュでロックを解除できる。脚には直径52mm、厚さ1.5mmの八角アルミフレームを採用しており、強度、軽さ、安定性を兼ね備えている。またハンドルで天幕の張りを調整できるため、風によるばたつきや、雨水が天幕に溜まることを防止できる。企業向けの各種イベントや展示会、スポーツイベント、フェス等における臨時店舗や臨時倉庫など、多方面での導入実績があり、好評を得ている。



■スコラロテント

左が「カプリ」、右が「ウッドダブル」左が「カプリ」、右が「ウッドダブル」


蒸し暑い夏場のイベントでは、優美で清涼感にあふれた「スコラロテント」が活躍する。スコラロテントの「カプリ」は、傘が最大5m(長さ)×5m(幅)も開く超大型のパラソルだ。しっかりとしたアルミフレームで構成されており、耐久性も抜群。海外のリゾートをはじめ、日本国内の数多くの商業施設等で支持されている。「ウッドダブル」は木目調の柱で落ち着きのある、超大型デラックスパラソル。1本の垂直アルミ支柱が2つのパラソルを支えることにより、3m(長さ)×6m(幅)と幅広いスペースを確保できる。



■デジタルサイネージ

デジタルサイネージ


オールインワン設計の「デジタルサイネージ」は、イベントの内容やタイムスケジュールなど、会場での告知やお知らせで活躍する。標準コンテンツを多数用意しており、タッチパネル式で来場者が直接操作できる。AC100V電源に接続すれば、手元のPCやタブレットから、遠隔で画面上の情報を操作することも可能だ。防水仕様なので、雨天時でも安心して利用できる。




大規模イベントでも活躍する施工重機

発電機や照明機器など、普段、工事現場や災害時の復旧作業で活躍している施工重機は、大規模なイベント会場でも力を発揮する。



■発電機

発電機(左)デンヨーの大型発電機(右)2019年11月に行われた「MONSTER JAM ® 2019 IN JAPAN」でアクティオが手配した「DCAシリーズ」(デンヨー)の中型発電機


スピーカー、音響、照明など、イベントでの電力の供給に欠かせないのが発電機だ。アクティオでは、「小型発電機 2~3kVA ガソリン型・ディーゼル防音型」や、パソコン・通信機などのマイコン搭載機器が使える「インバータ搭載発電機」といった持ち運べる小型発電機から、100~400kVAの大型発電機まで、豊富なラインナップをそろえている。使う機材や会場の規模に応じて適切な発電機を選んでいただきたい。


デンヨーの「DCAシリーズ」は、低騒音型の発電機で、国土交通省の超低騒音型又は低騒音型建設機械に指定されている。最新のクリーンエンジンを搭載しているため、環境に優しく、低燃費で発電効率が良い。操作スイッチやメーター類はワンパネル方式を採用。機能的に配置され、不慣れな方でも見やすく操作しやすい。また、大型ドアやスムーズに開閉するワンタッチハンドルなどの装備により、日常の点検や保守整備を簡単に行える。



■投光機

投光機左が「LED投光機 エンジン搭載式」、右が「バルーン投光機」


お祭りや花火大会などの夜間イベントでは、暗い会場を明るく照らす投光機が活躍する。「LED投光機 エンジン搭載式」は省エネで環境に優しいLEDタイプの投光機。ハンドル操作でスムーズに移動でき、ワンタッチ駐車ブレーキが付いている。ワンタッチアウトリガー、マスト急落下防止安全ストッパーなど、使い勝手に配慮した装備もうれしい。


「バルーン投光機」は、目に優しい明かりが特徴だ。光源が大きいため、明るく、まぶしくない。入力電圧が変動した場合に起こるランプのちらつきや明るさの降下がなく、常に安定した明るさを維持できる。また360度全方向を照射するため、明るい場所と暗い場所の境目がなく、周囲を均一的に照らすことができる。複数のカラー・デザインバリエーションをそろえるほか、防油堤付きタイプもある。


2019年6月に行われた「第38回 横浜開港祭」で導入したLED投光機2019年6月に行われた「第38回 横浜開港祭」で導入したLED投光機



■LEDビジョンカー

LEDビジョンカー


トラックの荷台部分に大型モニターを設置したビジョンカーは、パブリックビューイングで野外イベントを盛り上げてくれる。アクティオが保有する「LEDビジョンカー」は、高画質な大型LEDモニターを搭載した、全天候に対応するビジョンカーだ。モニターは約200インチで、LEDのピクセルピッチは4.8mm。ライブ映像の中継車としても使用可能で、同じ映像を複数のビジョンカーで同時に映し出せる。精密機材を搭載する車両のため、振動が少ないエアサスペンションを採用しており車高の調整もできる。


なお、このビジョンカーは操作が複雑で運用が特別なため、レンタカーとして車両単独での貸し出しは行っていない。一般的なレンタル建機とは異なり、オペレーター込みでのサービス提供となる。



〈ご参考までに...〉

フリーライズテント(アクティオ公式サイト)

スコラロテント(アクティオ公式サイト)

デジタルサイネージ(アクティオ公式サイト)

中型発電機 10~100kVA(アクティオ公式サイト)

大型発電機 100~400kVA(アクティオ公式サイト)

LED投光機 エンジン搭載式(アクティオ公式サイト)

バルーン投光機(アクティオ公式サイト)

LEDビジョンカー(アクティオ公式サイト)

イベント分野(アクティオ公式サイト)

タグ

アーカイブ

ページトップ