2021.12.17

第7回 鉄道技術展2021に出展。安全性の向上や省力化が図れる商品をアピール アクティオは、2021年11月24日~26日に幕張メッセ(千葉市)で開催された第7回鉄道技術展2021に出展。新商品となる軌陸ユニックのほか、衝突軽減システムやサイドバラストユニットを展示し、安全性の向上、また省力化が図れる性能をアピールした。

第7回 鉄道技術展2021に出展。安全性の向上や省力化が図れる商品をアピール

新商品を含む3アイテムを展示

2010年に初開催され、今回で7回目を迎えた鉄道技術展は、鉄道・交通システムやインフラ技術、施設、電力、輸送、運行管理、車両、インテリア、旅客サービス関連など、鉄道分野のあらゆる技術が横断的に会する総合見本市だ。アクティオは2019年の第6回に初めて出展し、今年で2回目となる。


アクティオのブースでは、主に3つのアイテムを架装した2台の軌陸車を展示。30分ごとにプレゼンテーションを行い、多くの来場者を集めていた。


新人のスタッフがプレゼンを担当。大勢の観客を前に、終始落ち着いた身のこなしで重責を果たした新人のスタッフがプレゼンを担当。大勢の観客を前に、終始落ち着いた身のこなしで重責を果たした


それでは、各アイテムの詳細をお伝えしよう。



衝突軽減システム

もはや自動車の世界では当たり前となった衝突軽減ブレーキ、いわゆる自動ブレーキの軌陸車版。既存の軌陸車への後付けが可能で、光・音・映像で運転者を支援する。止めるのは自動だが、走り出す判断は運転者が行うシステムだ。


1,024個の赤外線が15m先にある15mmまでの物体を検知。検知と同時にブレーキを作動させて軌陸車を緊急停止させる。その際、運転者には光・音・映像で知らせ、なぜ自動ブレーキが作動したか、何を検知したかは、運転席に設けられたモニターで確認可能だ。安全を確認してから走行を再開する。なお、このシステムは衝突時の被害を最小限にするもので、衝突を完全に防止するものではない。


衝突軽減ブレーキを装着した軌陸トラック衝突軽減ブレーキを装着した軌陸トラック


(左)車両前方に取り付けられた赤外線センサー。同様のセンサーが後方にも装着されている。(右)運転席のモニターで、検知した物体を確認できる(左)車両前方に取り付けられた赤外線センサー。同様のセンサーが後方にも装着されている。(右)運転席のモニターで、検知した物体を確認できる




アクティオ軌陸自積載クレーン車

鉄道の工事や保守点検は、限られた時間内に素早く、安全に行う必要があるため、軌陸車にはさまざまなアイデアが詰まっている。アクティオ軌陸自積載クレーン車(軌陸ユニック)には、目からうろこのアイテムが満載だ。


まず目を引くのが、荷台に設けられた軌条だ。狭軌用軽便トロッコやAJスケーターを使用すれば荷物を移動できるため、ユニックのブームの起伏を最小限(10度程度)にして降積載が可能になる。つまりユニックでの降積載は荷台後方で行い、荷を前方に移動させる場合は軌条を利用すれば、ブームの起伏を抑えられるため、架線への接触を防げるわけだ。また軌条の間に荷物を積めば、前後左右の重心位置管理が容易になり、偏荷重による脱輪の危険も軽減できる。


(左)荷台に軌条を装備しているのが最大の特徴。(右上)狭軌用軽便トロッコに荷物を積載した例。(右下)AJスケーターを使用すれば、パレットの前後移動が可能だ(左)荷台に軌条を装備しているのが最大の特徴。(右上)狭軌用軽便トロッコに荷物を積載した例。(右下)AJスケーターを使用すれば、パレットの前後移動が可能だ


このほか、2分割アオリ(左右)を採用しているため、長尺物以外を積載する場合は、アオリ開閉にかかる労力を軽減できる。また、アオリの内側にはラッシングレールを、荷台の左右両端には位置変更が可能な固定フックを装備。これらにより積載品を素早く固定することができる。


(左)2分割アオリを採用。開閉の労力が軽減されるので効率的だ。アオリの内側にはラッシングレールを装備しており、片側1.3tの荷重に耐えられる。(右)荷台の左右両端の固定フックは位置が変更でき便利だ(左)2分割アオリを採用。開閉の労力が軽減されるので効率的だ。アオリの内側にはラッシングレールを装備しており、片側1.3tの荷重に耐えられる。(右)荷台の左右両端の固定フックは位置が変更でき便利だ




サイドバラストユニット

砕石や砂利などのバラストを、安全かつ効率的に横まき可能な装置(名工建設株式会社様との共同開発商品)。後方アオリを2分割することで、バラスト散布方向の制御を可能にしている。さらにバラストスライダー先端はスライドするため、散布距離の調整が可能だ。


バラスト横まき装置「サイドバラストユニット」。後方へのはみ出し量は道路交通法の定める範囲内のため、装着した状態で道路走行が可能だバラスト横まき装置「サイドバラストユニット」。後方へのはみ出し量は道路交通法の定める範囲内のため、装着した状態で道路走行が可能だ


第7回鉄道技術展2021の来場者(受付登録者)数は、同時開催された第4回橋梁・トンネル技術展と合わせて24,717人だった。前回よりも約1万人減ってしまったが、会場は熱気に包まれており、良いアピールの場となった。



〈ご参考までに...〉

衝突被害軽減ブレーキ機能付車両(アクティオ公式サイト)

軌陸トラッククレーン付(アクティオ公式サイト)

軌陸ダンプ(アクティオ公式サイト)

軌陸バックホー(アクティオ公式サイト)

軌陸高所作業車(アクティオ公式サイト)

事業分野紹介「鉄道分野」(アクティオ公式サイト)

タグ

アーカイブ

ページトップ